選挙2日目!証紙貼りと三国町で街頭演説5時間?!

ブログ(活動・思想)

昨日は6人でポスター167ヶ所、全て貼れました!

こんにちは、吉田しょうじろうです。
「新しい政治、新しい選挙」を掲げて選挙運動をさせていただいております。

昨日は選挙ポスターをたった6人で167ヶ所貼りました。
今日はその戦略についてお話しますが…まずは実物を公開します(見れない場合は私のホームページから見てください)。

掲示板一覧表(三国) - Google マイマップ
掲示板一覧表(三国)

見れましたか?

これはグーグルマップにポスター掲示場の位置を載せたもので、これを見れば現在地とポスター掲示場の位置関係が一発でわかります。作成してくださったのは私が幹事長を務める福井県の地方政党「福井県をよくする会」のIT・広報部長の「成本まこひと」です。

彼が5時間かけて紙地図から手打ちで作成しました。

もともと「掲示場の位置を座標データをオープンデータで公開してくれ」と坂井市の選挙管理委員会にお願いして「時間が無くて無理」と言われた経緯があるのですが、成本さんが5時間でやってくれました。これが無ければ位置にで貼るのは到底不可能だったことでしょう。

成本さん、本当にありがとうございました。

今日は証紙4000枚!

選挙中に配ることのできる文書図画(ぶんしょとが、と読みます)は非常に限られており、その一つが「選挙ビラ」で、今回の選挙では4000枚を配れます。こんな感じのモノです。

このA4裏表一枚の紙に「切手型シール」のような証紙を一枚一枚貼りました。
4人でやって昼頃には終わりましたね。朝街頭演説をしている間に妻が700枚ほどしてくれていました。本当にありがとうございました。

これを福井市のほうから来ていただいたボランティアの方が、帰る途中に福井新聞の折込センターに持ち込んでいただきまして、無事受理された次第です。

新しい政治家を誕生させるための選挙を目指すために

何故このような情報を私が公開するのか。それは「新しい候補者」「しがらみの無い候補者」が出てきてほしいからです。

特に地方では選挙は若者が関わることはあまりにも少なく、若者と政治の距離は離れています。

若者が選挙に出ようとすると、大人たちがなにかとそれを阻止しようとしてきます。
その結果、少ない人数で選挙戦を戦うことになってしまいます。

そんな状態でも、「選挙は戦える」。それを皆様にお示しし、そのノウハウをシェアすることで新しい候補者を出すことこそが、本当に「政治を変える」ことなのだと、私は思っています。

「政治を変えるために選挙に行こう」という言葉を、皆様は見たことがあると思います。しかしながらそれは「入れたい立候補者がいること」が前提です。

私たち、あるいは「政治を変える」と意気込む政治家たちは投票を促すのではなく、立候補を促さなければならないのです。

政治を変えるにはまず立候補!

ちなみに

今日は5時間くらい街頭にいたっぽいです。

すこしやりすぎました(笑)
↓これはその一部です

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました