【無職】吉田が次に目指す職業とは?学び直しを当たり前な社会に!

サラリーマンを辞めて選挙に出て落選した人間の行末

久々のブログ更新である。

5月の末より私は職業訓練校に通っている。2022年7月10日現在、公的な職業訓練は2種類あり、“公共職業訓練”“求職者支援訓練”がある。

現在、私は求職者支援訓練を受けており、約4ヶ月の間、WEBクリエイター養成講座を受講することになっている。今日でだいたい一ヶ月半というところだ。

選挙に落ちたあと、よく「前の会社に戻るんだろ?」と言われるが、毎回否定している。そんな気持ちで会社を辞めていないし、別の業種・職種で働く経験をしてみたいと長らく思っていた私にとっては早々に出戻りをするようなことは考えていない。

そもそも以前から他社で働きたい―――転職とまではいかなくても、「出向」したいと思っていた。新卒で入社した会社に居続けることはある種のリスクだと思っていて、「どこでも働ける」ことが長い人生で最大の強みになると思っていた私は、会社経営(金の勘定とマネジメント)をやれるようになることを望んでいた。

前職は副業が禁止されており、個人事業も始めることもできなかったのだが、今のご時世はそうもいかなくなってきている。時代に取り残されないよう、常に新しいことを始められるように生きていきたい。

職業訓練に通うまで

私が職業訓練に通うまで、そこまで時間はかからなかった(と思う)。

選挙に落選し、諸手続きを済ませ、失業保険給付金の申請をし、再就職先の情報を調べるためにハローワークに求人情報を調べに行った時のことだった。ハローワーク三国1Fのカウンター越しにWEBクリエイター養成講座のチラシが見えた。とりあえず貰ったのだが、申込みが翌週とかで期間が短かったのだが、中身を知らないと入ってから「こんなはずでは」と苦労する姿が想像できたので、見学を申し込んだ。

訓練校の職員さん?(民間なので「担当者」が適当か)に色々と話をしてみたところ、「これは良い訓練が受けられそうだ」と判断し、申し込んだ。

今回、16人受けて受かったのは13人。時には倍率が2倍以上になるという、職業訓練らしからぬ?合格倍率になることもあるという。(断っておくが、他の職業訓練の事情は知らない)。

そんなワケで今現在、訓練が始まって1ヶ月半程度が過ぎている。

人によっては富山からワザワザ通う人もいるのだとか。今回私が合格できたのは運が良かったのかもしれないが、とにかく合格できて心から良かったと思う。

実際に学び直しをしている感想

私は有機・生命化学系の研究をテーマに大学院を出て、有機化学系メーカーの研究開発職を務めたのだが、今はWEBクリエイター―――と一言で言っても様々な職種があるのだが、そのなかでもWEBマーケターを目指そうとしていた。

しかしどうも、訓練を進め、職種について調べ、求人情報を見ていくとWEBマーケターも何か違うなと思ってきた。

オイオイ、そんなんで大丈夫かよと思われる方もいるかもしれないが、ある種のモラトリアム期間を半年近く過ごしていると、色々なことを考えるものだ。

私がやりたいこと―――働きたい内容・目的

まず、私は仕事として統計を取り扱いたい。前職も触れる機会はあったのだが、今の御時世データサイエンティストなるものがあるように、統計は非常に重要―――どころか仕事をする上でほぼ必須と言っても過言ではない。統計を使えるか否かで今後の各会社の経営が大きく左右されると考えている。

それもあって、私や社会に必要なのは統計を用いた実務経験と多数の社会実績の達成であると確信している。

データを取り扱いたい。そしてそれを社会に役立てたい。超ざっくりしているが、これが私に必要でやりたいことで、社会(公的)に必要なことで、多くのヒトや企業を救えると思っている。

そのためには、WEBマーケターの道は一つの手段だろう。しかし社会や会社はヒトが回している。バナーを作ったり、ただ分析をして最適なマーケティングを提供するのでは足りない。企業や個人事業を総合的にプロデュースしたい。ただの一過性のお手伝いではなく、事業の立ち上げや立ち直りに関わりたい。

となると、私が目指すべき職種はマーケターの先にあるブランディングだと思う。

ググるとどうもP&Gがブランディングが凄いらしい。P&Gに行けるかとか行きたいとか、そういうワケでもないが、P&G並のブランディング力を個人事業主や中小企業に向けてできたらどうだろうか。福井県や坂井市はまだまだイケるのではないだろうか?

そしてマーケターにせよ、ブランディングにせよ、そこに事業があるならば、必ず仕事はある。

私がずっと目標にしている「どこでも働けて生きていける」という状況に持っていくためには、リアルな営業力が最も必要だと思っている。WEBがなりITなりが発達しようとも、結局扱うのはニンゲンだ。

便利で統計的に確実性の高いブランディングやマーケティングをこの日本、狭くは福井県、さらに狭くは坂井市で広めたい。地域経済活性化にも繋がるし、日本全体の底上げにもなる。

故に私はデータを取り扱いたい。そして公的利益に繋がる仕事をしたい。営業力が欲しい。

だから私はWEB・ITとリアルの架け橋となる存在となるよう、ブランディングを仕事としたい。

コメント

  1. ヨーダ より:

    おつかれさまです。
    吉田さんは文章を作るのがうまいんだから
    メディア関係の仕事、編集者、作家とかに向いてる気がしますね。

  2. ヨーダ より:

    おつかれさまです。
    吉田さんは文章を作るのがうまいんだから
    メディア関係の仕事、編集者、作家に向いてる気がします。

    • コメントありがとうございます。
      折角のお褒めの言葉ですが、私は文章を作るのが下手だと思います(^_^;)
      いつも練習の気持ちでブログを書いていますが、なかなか上手くなりませんね

タイトルとURLをコピーしました