【職業訓練】33歳未経験のWEB業界への挑戦【WEBマーケター】

4ヶ月に渡る職業訓練の感想

久々の更新である。訓練校でWordpressの引っ越しについて学び、早速実行してから2ヶ月ほど経っただろうか?現在はレンタルサーバーをロリポップサーバーに変更したが、一先ず大きな問題は起きていない、と思われる。

現在、職業訓練が始まって116日目に相当すると思われるが、この訓練について、まず感想を述べたい。

結論から申し上げると、とても良かった。今まで理解の少なかったHTMLや、全く意味不明だったCSSやJavaScriptについて一定の理解に達したことは、この訓練を受講できたからであることは間違いない。

また、訓練前から希望していたWEBマーケター職に就ける見込みがあるのも、この訓練ひいては訓練校の持つ様々な情報があったからこそである。

職業訓練校について:総評

さて、職業訓練校ではWEBクリエイターになるべくカリキュラムが組み込まれているが、実態としてはWEBデザイナーまたはコーダーの育成がメインと私は考える(そもそもWEBクリエイターとはなんぞやという話はあるが)。

訓練校では、まずWEB/ITに関する基礎知識の学習から始め、続いてグラフィックツールを使ったWEBページのデザインカンプ作成のための各種ツールの学習をした。Inkscape、Gimp等の無料ソフトからAdobeのPhotoshopやIllustratorまで軽く触れ、ロゴやイラスト、バナー等を作成した。

その後、HTML/CSS/JavaScriptに加え、Wordpressや写真撮影技術の基礎学習等を経て、WEBサイトの制作をした。これでWEBサイトの制作は一応はできることになる。

しかし、訓練校の内容だけでWEBクリエイターになれるのか?と聞かれると私なら「なれない」と答えるだろう。

訓練校のみで得られる経験を考えると、既にある程度デザインに知見を持っていること、あるいは独学が必要であると思う。故にそういった経験や才能の無い人間には努力が必須で、私なんかはWEBに関する知識や制作に関する知見をネットやYoutubeでチョコチョコ勉強していた。

また訓練校ではdisplay:flexやbox-sizing:border-box(綴り合ってるかな?)などの便利(必須)なプロパティについてはほぼ触れず、ずっとfloatやmargin等だけでレイアウトを行っていたし、Bootstrapのような実務でも使われると言われるフレームワークについても全くと言って良いほど触れなかった。

そもそも「フレームワーク」という言葉すら聞かなかったかもしれない。要するにモダンな技術や知識は自分で仕入れる必要のある環境にあったのだ。

また、JavaScriptについて学んだのは4日間である。
これは相当な短期間で、もちろん理解などほんの僅かにしかできていない。

そして最も重要なのはこれらを自覚しているかどうかである。

この自覚が無ければ訓練に通っても得られるものは少ないだろう。

総評として、この訓練は

  1. 目的や目標を持って訓練に臨めるか
  2. 如何に意識の高い状態でいられるか
  3. 自学できるだけのスキルや環境があるか
  4. もともとのデザインスキルの有無

等が重要で、これらが無いと中途半端に経験を得てしまい、さらに修了後に燃え尽きてしまう可能性がある。幸運にも私にはWEBマーケターという目標があったので訓練前半はマーケターに関する知識を入れる機会があったし、コーディングのスキルについても他の受講生よりも身につける程度には学習していたと思う(他の受講生はflexboxについて知らなかった)。

33歳未経験がWEBマーケターになれるのか

訓練前半はインプットの時間が多く、課題も少なめであったため、自学自習する時間があり、GoogleのデジタルワークショップやGoogle認定資格の勉強をする時間が確保できていた。しかし訓練後半いなるとアウトプットの時間が増え、それに伴い勉強時間が減ることになった。

勉強時間についても「課題のためのインプット」の時間になり、マーケターに関する勉強は通学等の移動時間中や、入浴・食事中に聞くYoutube動画がメインとなり、デジタルワークショップは滞ってしまった。

この時私は、このような状況で訓練修了までにWEBマーケター職に就けるのだろうか?という不安が出てきたころだと思う。不安を払拭するためでも無いが、まずは目の前の課題をこなすことを考えたのと、今やっていることを大切にすることにし、課題制作に注力したのを覚えている。

そして明日、訓練の修了を控えているわけだが、1社内定をいただいている状態である。

結論として、未経験でWEBマーケターにはなれる、となるワケだが、私はこれまでにFacebook広告・Instagram広告の経験があり、かつ前職中も研究開発の職務として数字を追う仕事をしていた。

つまりWEBマーケターとして求められる素養や経験的なものは全くの未経験者よりはあるとみており、内定につながる一因ともなっていると思う。

ただ、内定をいただいても、これはWEBマーケターとして歩みだす2歩目程度の状態だと思う。これからが肝心で、実際に働いてみて適正の有無が浮き彫りになるだろう。

私はある程度リアリスティックなところがあるので現状を素直に述べると、今後については「やってみないとわからない」。これからどれだけ自分が頑張れるかが最大のポイントになる。

挑戦は始まったばかりだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました