坂井市三国町は回遊性に力を入れよう!

ブログ(活動・思想)

 

 

三国町は見どころの多い町ですが、観光地同士が繋がっていない問題があります。

三国町は観光名所がの距離が離れており、徒歩での移動が難しいです。

例えば越前鉄道三国神社駅から神社までは徒歩では少し遠いし、神社から別の場所に行くのも遠い。

手っ取り早い解決方法としては、電動アシスト自転車の拡充(今は三国駅に3台のみ)があります。

また、三国神社駅にレンタサイクルを置くようにしたほうが、回遊性は高くなります。(それはそれで予算がかかりますが)

案内床の設置を

三国町の旧市街地は趣のある建物や店が多くありますが、入って見る気になることは少ない気がします。

それよりも、その場の雰囲気を楽しむことに重きを置く方が多いように見えます。

そして、道に迷う方が多い。これは「どこまでが観光地(旧市街地)なのかわからない」観光客が多いからで、

土日にポタリングをしているとパンフレットを持って旧市街地の端でウロウロしている人を見ることが多いことから予想されます。

解決方法としては、案内床の設置があります。つまり、「ここまでが観光スポットですよ」という案内です。

これは三国町のみならず、丸岡城周辺にも言えることだと思います。

案内床の設置は一つの案で、「何か標になるもの」があれば何でも良いのです。

散策コースの設定を

先述のように、三国町は見どころが多く、しかもふとした風景に魅力があります。

それはつまり明確な観光名所が無く、好きな場所を自分で見つけるというスタイルが三国町をより楽しむコツとも言えます。

「三国神社の裏参道入り口横の風景が神秘的」「細い路地の向こうに海が見える」等がありますが、そんなものに一々看板等はつけられないし、野暮というものです。

しかしある程度のコースを示し、「このあたりの雰囲気が良いから、散策してみて」と提案し、見つけてもらうことが大切なのではないかと思います。

そのためにも、散策コースを提示し、なるべく道筋が重複しないように観光客に楽しんでもらうことが肝心なのではないでしょうか。

実はリーズナブルでかなり楽しめる「龍翔館」

龍翔館は三国町の魅力が凝縮された博物館で、入館料もかなりリーズナブルです。

ここの集客を増やすだけでも、再訪問する観光客が増えるのでないでしょうか?

Youtuberのスーツくんあたりを呼んで、紹介してもらうと良いかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました