あわら市議会議員選挙候補者へメッセージを送りました

ブログ(活動・思想)
fbt

こんにちは。吉田彰次郎といいます。
私は2015年に神奈川県から新卒採用のため、坂井市に引っ越してきたサラリーマンです。

今日、選挙ポスターを動画で撮影しYoutubeにアップしました。撮影中、ポスターを見て興味を持ち、検索をしてここまでたどり着きました。三上さんの主張は私も同意いたします。
私は坂井市で結婚し、家を買ったところで今後の坂井市を憂うようになり、政治に関心を抱くようになりました。
しかし、坂井市の政治を見ていくと、関心は失望と危機感に変わりました。市政はどのように進んでいくのか?議会では何が起こっているのか?わからないことだらけで、議員さんもほとんどマトモな発信をしてくれません。このような状態でマトモな政治ができない、このままの坂井市には住み続けていられるのだろうか?という強い疑問から、とりあえず自分で動けることから始めました。
結果として、大野市議会議員のダニエルよしもとさんと政治団体を立ち上げるに至りました。ダニエルさんとコンタクトを取った最大の理由はSNSを多様した発信をする県内の政治家がダニエルだけだったからです。
そして今、私はTwitterやFacebookで様々な地方議員さんと知り合い、地方議会の惨状を知り事となりました。そこでお伝えしておきたいのが、三上さんが当選し議員になった際には是非とも気をつけていただきたいのが、SNSでの発信に関して議会の「長老たち」から出てくる「申し出」です。
議会のアレコレを一般市民へ幅広く、重要なことをわかりやすい発信をすると長老たちは反発します。全国の議会では数の力で様々な懲罰を受けている市民派議員は多くいます。あわら市議会がそれに該当するかはわかりませんが、私と同じような疑問をあわら市議会に対して持っているとなると、古い議会である可能性はあります。
私は三上さんのような方がどんどん政治家になるべきだと考えますし、今の古い政治を変えるべきだと考えていますが、それを善しとしない人間もいるということを片隅に留め置いていただけると、とても嬉しいです。
三上さんが今後も活躍できるよう、心から祈っています。あと数時間で投開票を残すのみですが、三上さんや他新人候補者が当選されることを願います。

突然の長文メッセージ、失礼しました。

吉田彰次郎

コメント

タイトルとURLをコピーしました