古い政治、新しい政治の違い

時代は令和・・・でも政治は昭和

「日本の政治のやり方はイギリスの60年代のようだ」「SNSで発信しない政治家が多い」そんな話をよく聞く。日本の政治は遅れていると言わざるを得ない。いつまでこれを続けるのだろうか?
答えは古い政治活動を続ける政治家が入れ替わるまでだ。

AbemaTVより

比べてみよう!新旧の政治

ここで、新しい政治と古い政治、新しい選挙と古い選挙を比較してみよう。

新しい政治

  • 選挙後も有権者の前に姿を現す
  • 批判を恐れない
  • 自らの意見を発する
  • タブーにも切り込んで発言する
  • 1党だけが強い政治に反発する
  • SNSを積極的に利用する
  • Youtube,Twitter等を使う
  • 有権者を巻き込む
  • 開いた場所で行う

新しい選挙

  • 選挙にお金をかけない
  • 演説を行う
  • ボランティアを募る
  • 所属を示す

古い政治

  • 選挙後に有権者の前から姿をくらます
  • 批判を恐れる
  • 自らの意見は封印する
  • 当たり障りのないことだけを言う
  • 巨大組織の力にあやかる
  • SNSを利用しない
  • Facebookは使う
  • 自分たちだけ行う
  • 密室で行う

古い選挙

  • カネに物を言わせた選挙戦を展開する
  • 名前を連呼する
  • ボランティアを頼む
  • 無所属を騙る

新しい政治を始められるのは誰だ?

上記は私が考える政治の理想と現実を比較したが、このようなことができる候補者はいるのだろうか?
結論から答えると、間違いなくいる。巨大組織に所属せず、誰かに頼まれたわけでもなく、自身の意思で政治家を志す人であれば、私たちの思いを負託できる候補者といえるだろう。

ならば、私たちでできることとはなんだろうか?
今の私の答えとしては「政治や選挙の真実を発信し、一般有権者の立候補を促しサポートする」である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました