坂井市議会議員・戸板進議員の令和3年度9月議会一般質問について

坂井市議会は一般質問と代表質問のみ動画で視聴可能

坂井市議会定例会では委員会や本会議が開かれ、質疑や討論、一般質問などが行われる。
当然、ほとんどの議員さんは議会活動として精力的に活動されていることだろう。しかし、坂井市議会では定例会・臨時会の本会議の議事録しか閲覧できない(WEB上)。委員会の議事録は見つからない。また、坂井市議会は動画を公開しているが、ほぼ一般質問と代表質問のみとなっている。

さて、この一般質問について、戸板進議員の令和3年度9月議会一般質問を拝聴した。
テーマは土砂災害について。これは伊豆山の土砂災害を受けてのことだろう。坂井市の土砂災害に対する対応や防災対策、情報発信について質した。市にとって重要な課題であるとともに、市民にとって重要な情報であると言える。しかし私は一点気になるトコロがあったため、指摘したい。

それは16:50あたりからである。

どうやら戸板議員は新聞記事か何かで土砂崩れのおそれのある地域のパトロールをしていることを知ったのだろう。理事者側に内容を聞いている。しかしこれは情報公開請求、あるいは事前に職員に聞けばわかることではないだろうか?得た情報を元にさらに一歩踏み込んだ質問ができるのだと思うのだが、皆様はいかがお考えになるだろうか?

さらに理事者側はパトロール(調査)について、全箇所ではないが毎年定期的に行っているとのことだが、調査結果や調査方法について事前に詳細を調べ、その結果や方法について質すことが大事なのではないだろうか?

私なら、そうします。皆様はどちらがより良いと思いますか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました