これでいいのか?! 坂井市議会の「情報公開」

ブログ(活動・思想)

坂井市議会の開店時間は「平日の日中」

今、坂井市内の住民は9万を切っており、有権者は7万5千人を切ったと思われる。有権者は18才以上である。おそらくは殆どの人が働いているはずだ。さらにその殆どは被雇用者、つまり雇われて働いている人たちで、8時~17時(18時)は通勤等も含めると、実質的に拘束されている時間だろう。

そんな人たちが、ふとしたきっかけに「坂井市議会を見てみよう」「議会に陳情してみよう」と思っても、そんな時間は無い。時給制で働くひとは給料が出なくなるし、一般のサラリーマンであっても有給の取得はハードルがある。主婦は子育てがある。新しく有権者となる高校3年生なんかは、休んだぶん、授業に遅れてしまう。

必要なのは議会の動画を公開することである。

「知りたいことを」「知りたい時に」「知りたい分だけ」情報を手に入れられるインターネットの動画はとても便利だ。通勤中に音声を流すこともできるし、家事をしながら聞くこともできる。

これはビデオカメラやスマホ1台あれば事足りる割に、市民が得られる恩恵は非常に大きい。やらない手はない。一部から「見る人が居ない」との声があがるだろうが、そもそも間口を広げていないことがそもそもの原因なのであって、視聴者を増やすことこそ議会、そして議員個人の仕事ではないだろうか?

仕事を放棄しておきながら、コスパを語る議員ほど滑稽なものは無い。ただ、坂井市議会にはそのような意見も出るし、その意見を否定する人はとても少ない。

故に坂井市議会は腐りかけていると言える。腐りきった自称・政治家集団は市を腐敗させる原因となるだろう。幸いに、坂井市議会議員は選挙で選ぶことができる。よって、より鮮度の高いモノに変えることで、議会の腐敗を止めなくてはならない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました