「議員になってもいじめられるだけ」坂井市議会もイジメ?あり

ブログ(活動・思想)

#暗黒議会 発祥の地?湯河原町議会

「議員になってもいじめられるだけ」新人ママ議員が見た“暗黒議会”とは
「市民の代表として、悪い事は悪い、正しい事は正しいと発言する事ができない議会であれば、それは議会として機能していません」

それは2020年7月の神奈川県湯河原町で起こった。
実名や住所、滞納金額、経過や処分内容の入った町税の滞納者リストが議会の特別委員会で配られたのだ。

記事によると、同年3月に初当選した土屋由希子町議(39歳、無所属)はそれに異を唱えたが、「10年ぐらいこういう状態」であり、「リストに関する審議は議事録に残さない」、「議員が口外した場合には懲罰の対象となる「秘密会」で行う」ことなどを理由に委員会は続行されたという。

これに対し土屋議員は既に公開されている情報を基に定例会一般質問でこの問題を取り上げたところ、発言の中に非公開で行われる「秘密会」の情報が含まれていると咎められ、後に懲罰動議が出された。

詳細については記事を参照いただきたいが、この問題におけるポイントを3つピックアップしつつ、適宜坂井市議会と照らし合わせ、批判したい。

議会の硬直化・前例踏襲主義

地方議会は多選が多く、同じ人が何度も当選したり、世襲あるいは地盤を引き継ぐカタチで「バックボーンが同じような人」が当選することが多い。そんな政治の場では価値観が凝り固まってしまい、非常識が常識に、一般市民から遠ざかった価値観の基、政治が進行してしまうことが多いと言われる。

そして前例踏襲主義だ。「10年間続けてきた」という、理由にもならない理由(擁護するなら「伝統」と言えなくもない)で委員会を続行した。役人の典型である前例踏襲主義は、政治・行政の硬直させてしまった大きな原因である。

議会の非公開性・秘密主義

「リストに関する審議は議事録に残さない」とあるように、不都合がある可能性があるなら非公開とすれば良い、という考えに基づいた秘密主義が根を深く張っていることが伺える。
これは地方議会全体に定着しており、坂井市議会でも「会派代表者会議」が非公開になっており、「全員協議会」や多くの「議会運営委員会」はいつ開催されるのか、されているのかが公表されていない。

また、坂井市議会では委員会や本会議初日、最終日の動画が公開されておらず、本会議以外の議事録も公開されていない。秘密主義は私たちの住む議会でも浸透しているのだ。

気に食わない議員には数に物を言わせた懲罰!・いじめ体質

さて、「既に公表されている事実」について問うた一般質問を発端に、土屋議員は2度の懲罰を科された。端から見るとこれは「いじめ」であり、新人・女性・物を言う「少数派」議員をのけ者とする思想の一端であると見ている。

「ゆきちゃん、議員になってもしょうがないよ。いじめられるだけだよ」

BuzzFeedの記事より

地元のママ友から言われたというこの言葉は、ある種の予言であったのだ。

坂井市議会にイジメはあるのか?

さて、坂井市議会はどうなのかと言うと、体質として「少数派」には賛同しない傾向にあると見ている。ただそもそも仕事をしていないようにしか見えず、湯河原町議会のようにあからさま過ぎるイジメはあまり表立っては見えてこない。

ただ、私の出した陳情・請願に対してなにかと議論を避け、採決に移ろうとしていたことは紛れもない事実であるし、日本共産党の松本議員に対する委員長のほか議員の態度は良いものとは思えない。

(そして、マトモな議論の無いまま、委員会採決、そして本会議最終日では反対討論の無いまま大差で否決されてしまった。これが「坂井市議会がサボっている」という主張を補完する事実である)

最後に

地方政治の実態として、このような事例が多くあると私は見ているが、「そんな一部を見ただけじゃないか。話を大きくしすぎだ」という批判もあるだろう。しかし前提としてあるのはどこの議会も閉じているという現状だ。

まず開かれた議会にし、市民の目が入るようにしていくことが、地方自治において前提となるのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました