“横浜地裁の敷地にナゾの車” の事件から見える法哲学―――常識・ルール・法律を疑え!「悪魔の顔の法哲学」

ブログ(活動・思想)

横浜地裁に車が放置…何故?

横浜地裁に車が放置されている件についてニュースになっている。
現在、車はレッカー移動されたようだが、”何故”このようなことが起きたのかについて報道されていない記事がチラホラある。

横浜地裁出口の放置車両、駐車スペースにレッカー移動(カナロコ by 神奈川新聞) - Yahoo!ニュース
 横浜地裁の庁舎出口前に乗用車が放置されている問題で、地裁は3日夜、乗用車を庁舎裏手の駐車スペースにレッカー移動した。  地裁は「庁舎管理権に基づき、利用の妨げにならない所に移動させた」と説明。今

元々この”放置人”(仮称Aさん)は自前の敷地内に置かれた車を移動してほしかったため、警察に通報。しかし警察は「民事不介入」ということで管轄は裁判所と伝えたという。そこでAさんは裁判を起こしたと思われるが、横浜地裁の判決は不服だったようだ。

そこでAさんは自身の車を裁判所の入り口に置いて、裁判所の対応を求めたようだ。おそらくAさんは「裁判所が自分の車を動かせば、敷地内に置かれた車を裁判所と同じ理屈で動かそう」と思ったのだろうと予想する。まるで一休さんみたいなとんちが利いて面白いのだが、実際のところはわからない。

ちょっとアヤシイ主張のような文言も見受けられるが、趣旨としては概ね間違っていないと思われる。

裁判所が車を動かした”言い訳”

記事報道によると、裁判所に置かれた車はレッカー移動されたとのこと。

「庁舎管理権」に基づいて移動したとのことだが、これは「施設の機能を発揮するため」に権利を行使したと思われる。要するに車が置いてあると裁判所としての機能が損なわれると見做したのだ。

つまり、民間において庁舎管理権に相当する権利があれば、裁判所と同様に車を移動できる可能性があり、ネット上では『「社屋管理権」「店舗管理権」「敷地管理権」などがそれに該当するのでは?』という意見も出てきた。

実際は法律に則らない自力救済は禁止されており、「本当にやっても良いか」は司法の判断が必要ではあるが、今後様々なケースでこの横浜地裁の判断は取り沙汰されるだろう。

建物賃貸借の問題① 自力救済の禁止 | 内田法律事務所
自力救済 - Wikipedia

法律は完璧ではない―――ならば適宜改善すれば良い

ここまでの論考を見ていて、「私有地に勝手に停めた車をどかせないなんて法律、おかしくない?」と思う方が多いだろう。しかし現状は古い法体制のままである。

前述した「自力救済を禁じる」―――つまり自分で車を動かすことが叶わないなら、警察その他行政機関が判断して移動させるのがスジだと思うので、法律を変えるべきだと思う。

警察のような行政機関は法律(ルール)に従うもので、例えそれが合理的でないものであっても従わなくてはならない(「解釈」により従わない場合もあるが)。

ならば、時代に合わせたルールの適宜変えていけば良いと思うのだが、皆様はどう思うだろうか?

おそらく若い人ほどそのような志向の方が多いとは思う。しかし世の中は中年以上~2分高齢世代がマジョリティであり、政策決定に深く関わり、有権者も投票に行く。そんな世界を変えるには大きなエネルギーが必要だ。

若者世代にとって今は民主政治の踏ん張りどころ。福井県・坂井市が大きく変わる機会は4年に1度訪れる。本当に若い人や都会から人が来てほしいなら、住み続けてほしいなら、やれることはまだまだある筈だ。

・・・と書いているウチに長くなってしまった。「悪魔の顔の法哲学」についてはまた次回以降に語りたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました