秘密主義な坂井市議会に「審査請求」をしてきました!

ブログ(活動・思想)

きっかけは情報公開請求

昨年12月、私は議事録のデータと録音データを開示するよう坂井市議会に求めました。
年明け5日に決定通知書が来ていまして、結果は「部分開示」ということで、紙の議事録は開示してデータは開示しない決定が下されました。

私はこの決定に不服だったため、「この決定は不服だ。専門的な知見を持つ方々に妥当性を審査してほしい」と坂井市議会議長に対してお願いをしてきたワケです。

ちなみに非開示の理由は「文書不存在のため」です。データはあるはずなのに、オカシイですねえ😓

皆さんは存在する公文書を「無い」とする議会の決定について、どう思われますか?

問題は「議会」にあり!

そう、この非開示は議会が決めたことなんです!

もう少し正確に言うと、「議会運営委員会のメンバーの議員」+「議長、副議長」が決め、議長が承認した、となるでしょうか?その辺りのプロセスが実は結構曖昧で、誰が責任者なのかよくわかりません。

最終的には議長のハンコを以って部分開示が決定していますが、ほとんどの議員はこの決定に賛成だった、ということです。恐ろしいほどの秘密主義です。

そんな坂井市議会の秘密主義に立ち向かうべく、今後もやれることは頑張ります。
私たちの坂井市がいつまでも続いていけるように、どうか応援をよろしくお願いいたします!

- YouTube
Nikmati video dan musik yang Anda suka, upload konten asli, dan bagikan kepada teman, keluarga, dan dunia di YouTube.

コメント

タイトルとURLをコピーしました