【坂井市議会議員選挙2022】 坂井市政の重要課題② 持続困難な自治会の増加 その理由

ブログ(活動・思想)

坂井市内でも既に機能しない組織や自治会等があると、議会で話題に上がっています

自治会で抱える困り事として、除雪・雪捨て場、カーブミラー、ガードレール、空き家、鳥の糞、放棄地等の草、街灯や防犯灯の交換等があります。また、区長や民生委員・児童委員などのなり手不足が課題です。限界を迎え、持続不可能になる地域は今後も増えていくと思われるため、人口減少・少子高齢化に対応した地域に変えていく必要があります。

これは移住・定住を希望する方々も非常に気になるところだと思います。
いざ移住してみたら、自治会の仕事を沢山与えられ、本来やりたいことができず日々を過ごすことになる人もいるでしょう。

これを解決する方向に導く政策も私は考えていますが、これには自治会の同意も必要になってくるでしょう。一筋縄で解決する問題ではないですが、だからこそやりがいもあります。

いずれにせよ、持続可能な自治会を作ることが重要なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました